【仕事がつらい】失敗を活かす

仕事をしていれば様々な失敗をすることがあるかと思います。
商談をダブルブッキングしてしまったり、仕事が期限までに間に合わなかったり……。
皆さんは仕事で失敗した後にどういう行動を取っていますか。
落ち込んで終わり、という人も多いのではないでしょうか。
失敗を活かすのか落ち込むだけで終わってしまうのかは、その後のパフォーマンスに大きな差を生むことになります。
ここでは、仕事での失敗をその後に活かしていくにはどうすればよいのかを考えていきたいと思います。

失敗の活かし方

自分を責めない
ミスをして周りに迷惑をかけてしまったり上司から怒られたりすることになれば落ち込み自分を責めることもあるかとは思います。
しかし、人間である以上誰しもミスはします。
過度に落ち込むのはやめましょう。
それよりも、次に同じことを失敗しないための方法を考える方が余程建設的です。
また、失敗することによって、その失敗を教訓にしその後の行動を改善することができるという側面もあります。
仕事で失敗をして落ち込んでしまった際には「誰でもミスはする。失敗にも価値があるんだ」と思うようにしましょう。

失敗の原因を分析する
なぜ失敗してしまったのかを分析しましょう。
失敗の原因を分類すると大きく4つにわけることができます。
1.そのことに関する知識が不十分だった
その仕事に関する知識が不十分でミスをしてしてしまった場合は具体的にどの部分の知識が足りなかったかを考えましょう。
そして、今後似たようなミスをしないように自己研鑽することが大切です。
例えば、エクセルの知識が足りずにミスをしてしまった、若しくはエクセルの使い方に詳しくない為時間がかかってしまい他の作業で焦ってしまいミスをしてしまったというケースです。
そのようなミスをすることによって改めてもう一度足りなかった知識を学びなおす契機になることでしょう。
しっかりとどの知識が足りなかったかを考え知識を補いましょう。

2.準備が不十分だった
準備が不十分で求められた仕事ができなかった・失敗してしまったというケースです。
このケースではまず、なぜ準備をしっかりできなかったかを考えましょう。
油断していた・面倒臭がってしまったなど、色々な理由があるかと思いますので、そのことを改めるようにしましょう。
また、具体的にどういう準備が足りなかったのかを振り返ることも重要です。
例えば、下調べをもっとする必要があったといったものや、プロジェクトチームのメンバーともっと知識や計画を共有してから仕事に取り組むべきだったといったものです。
それらを振り返ることで、今後はそのことに関してより入念に準備するよう留意できるかと思います。

3.うっかりミス
うっかりしていてミスをしてしまったケースも多いかと思います。
その場合はなぜうっかりしていたのかを振り返ってください。
睡眠が足りていなかった・悩みを抱えていた・焦っていた、といったように様々な理由があるかと思います。
睡眠が足りていなかったのであれば今後ミスをしないようにしっかり睡眠をとるように心がける必要がありますし、悩みを抱えていたのならその悩みをなくす若しくは軽減する方法を考える必要があります。
焦っていたのならばなぜ焦っていたのかを考え、焦らないようにするにはどうすべきなのかを考えましょう。

4.そもそもの目標・計画の設定ミス
目標や計画に無理があればどこかに支障をきたしてしまい失敗してしまいます。
目標や計画に無理がないか見直しましょう。
特に計画はゆとりを持って設定する必要があります。
計画に無理があった場合は、なぜそのような計画を立てる必要があったのかを考えましょう。
他の仕事で時間的余裕がなかった場合は上司と仕事量を相談するなどの対策が必要です。

教訓を得る
失敗の原因分析が終わればそこから得られた教訓をしっかり書き残しましょう。
ミスをし、その原因分析をすることで「どれくらい準備をする必要があったのか」「どれくらい知識をいれておく必要があったのか」「どのような計画を立てる必要があったのか」といったことを知ることができるはずです。
その教訓をしっかりと書き残し記憶と記録に残し、次に活かすことが重要です。

コメント