【仕事がつらい】思考をシンプルにしよう

皆さんは物事をシンプルに考えていますか。
実は、「仕事がつらい」「仕事に行きたくない」と思っている人の多くがシンプルに物事を考えられておらず複雑に物事を捉えています。
しかし、複雑に物事を捉えている癖が付いていると不安が強くなるなどのデメリットが多くなります。
ここでは、シンプルな考え方に変えていくために、まずは思考をシンプルにするメリットを考え、次に思考をシンプルにする方法を考えていきたいと思います。 

不安が減る
物事をシンプルに考えていなければ色々なことに悩むことになってしまいます。
例えば、朝仕事に行く時に不安な気持ちになったり行きたくないなと思うようになるのは、「仕事で失敗したらどうしよう」とか「納期に仕事が間に合うかな」とか「上司の機嫌が悪かったらどうしよう」とか複雑に色々なことに考えを巡らせていることが原因です。
そうではなく、できるだけシンプルに考えシンプルに物事を捉えることで、不安が減りのびのびと仕事することができるようになります。
ただ中には、「色々な可能性を考えてもしもの事態を想定しておかないともっと不安になる」という人もいることでしょう。
しかし、心配事のほとんどが実際には起こりません。
皆さんも色々と心配していたことが実際には起こらなかったという経験は多いのではないでしょうか。
物事を複雑に考えてしまいそうになった時には、「心配事はほとんど起こらないんだから色々考えても仕方ない」と思うようにしシンプルに物事を捉えるようにしていきましょう。

物事の本質が見えてくる
物事をシンプルに考えることで物事の本質が見えてきます。
例えば、これから始めようとする仕事に対して「失敗したらどうしよう」というようなことを考えることがあるかもしれませんが、それはその仕事を成功させるためには必要なことではありませんよね。
そのような考えを排除することでその仕事についてより集中して考えることができます。
またシンプルに考える人というのはさらに進んで、そのための仕事の過程に注目します。
「その仕事をするためには取引先のAさんの協力が必要だ」「Aさんにどういう風に協力を依頼しようか」などといったように、シンプルに考えることができると本当にやらないといけないことに対して考えることができるのです。
シンプルに必要なことだけを考えることができれば物事の本質が見え仕事も効率的に行うことができます。
シンプルに考えるということを身につけることは仕事のパフォーマンスの観点からも重要となるのです。

説明がうまくなる
複雑に物事をとらえている人というのは、色々なことを考えるため説明も複雑でわかりにくい傾向にあります。
反対に、シンプルに物事を考える癖が付いている人というのは、簡潔に分かりやすい説明をすることができます。
これは日ごろからシンプルに考え物事の要点をとらえることが上手になっているからです。
シンプルに物事を考えることで、だらだらと分かりにくい説明をすることを避けることができるのです。

思考をシンプルにするためには
コントロール可能なものとそうでないものとを分ける
まずは、自分がコントロールできるものとそうでないものを分けてください。
コントロールできないものに対して考えてもどうしようもないので時間の無駄ですよね。
なので、コントロールできないものを考えないようにしてコントロールできるものを考えるようにしましょう。
例えば、気の合わない上司がいたとして「上司が違う部署へ異動してくれないだろうか」と考えることは自分ではコントロールできないことですよね。
なので、そのような考えは極力考えないようにし、「どうしたらその上司と問題なく付き合っていけるだろうか」などといったことを考えるようにしましょう。
自分ではどうしようもないことを考えるよりも自分でコントロールできることを考える方が効率的なのは、理解しやすいかと思います。
なので思考をシンプルにする第一歩として、まずはコントロールできないことを排除するということを実践してみてください。

必要なものと必要でないものを分かる
コントロール可能なものとそうでないものを分けたように、必要なものと必要でないものを分けてみましょう。
例えば、Aという仕事をしようとしている時に全く関係ないBの仕事のことを考えてしまうことはありませんか。
Bの仕事のほうが大変で期日までに不安だからBの仕事のことを考えてしまうという場合にはそのようになってしまうこともあるかもしれません。
そのような場合には、「今はAの仕事をしているんだ」「今Bの仕事のことを考えればAの仕事が遅れてしまう。Aの仕事をすればBの仕事もする時間が無くなる」と言い聞かせるようにしましょう。
紙に集中するべきことを書き出すということも有用です。
例えば、『今はAに集中!』と紙に大きく書き見える位置にその紙を置いてみてください。

俯瞰で見る
どうしても色々なことを複雑に考えてしまうという時には、大きな視点で俯瞰で物事を見てください。
俯瞰で見ることで、色々と考えていることがそのことの本質と関係ないことや、大したことではないことが分かるかもしれません。
特に仕事に悩んで行き詰っている人というのは、狭い視野で物事を見てしまっていることがあります。
そういう時には、狭い視野でみている可能性がある、ということに考えを巡らせるようにしましょう。
深呼吸するということも有用です。
深呼吸して心を落ち着かせることで冷静に物事を見ることができます。

リフレッシュ
上記と同じ理由で、シンプルに考えるにはリフレッシュが重要です。
どうしても行き詰まっている状態では色々な事を考えがちなどで、行き詰っていると感じた時には自分の好きなことをするなどしてリフレッシュするようにしてください。
メリハリをつけて仕事をすることでシンプルに考えられるようになり、仕事のパフォーマンスも上がっていくはずです。

コメント