【仕事がつらい】現状維持バイアスを外す

現状維持バイアスとは、変化することよりも現状を維持することを望む心理作用のことです。
皆さんも変化すればもっと良いことが起こるかもしれないと分かっているのに、またもっと成長できると分かっているのに変化するのが怖くて現状を維持するということはありませんか。
例えば、転職すればもっと良い条件で働けるかもしれないけど怖いから仕事を続けようとか、いままでやってる仕事の方法よりも良い方法があるけど従来の方法を続けてようとか、そういった経験がある人は多いはずです。
現状維持バイアスを外すことができない状態が続けば何に対してもチャレンジできないようになり成長の機会も逃してしまいます。
また、『現状維持では、後退するばかりである』というウォルト・ディズニーの名言があるようにずっと同じ位置に留まっていればどんどん後退してしまうことになります。
社会や周りの人が変化するのに同じところに留まったり、同じ手法ばかり続けていると周りに適応できなくなるのは当然ですよね。
従ってここでは、現状維持バイアルを外すにはどうすればよいのかについて考えていきたいと思います。

現状維持バイアスを外すには

現状維持バイアスに陥ればそのことを自覚する
何かに挑戦しようとしているがそこに飛び込むのが怖い、今までの手法を変えなければいけないと分かってはいるがなかなか変えられない、と感じた時には自分が現状維持バイアスに陥っていることを自覚するようにしましょう。
現状維持バイアスに陥れば成功や成長の機会を逃すことになり、最終的には自分が難しい立場に陥ることになりますが、まずはそのデメリットを意識することが大切です。
変化が怖いと漠然と思うのではなく、自分が現状維持バイアスに陥っていること、そしてその先のデメリットを考えるようにしてください。
それを意識することが現状維持を変えることの第一歩に繋がります。

最悪のケースを想定する
現状維持バイアスが働き何かに挑戦することにためらっているときには、それを挑戦することによって起こりある最悪のケースを想定してください。
その最悪のケース以上のことは起こらないことはは確かなです。
最悪のケースがそこまでたいしたことがないと思うことができれば、そのことに挑戦しやすくなります。
また、その最悪のケースが起こる可能性も考えてみると良いでしょう。
通常想定している最悪のケースが発生する確率は低いはずです。
確率が低いと分かればより挑戦しやすくなることでしょう。

誰もが陥る
現状維持バイアスは誰もが陥るものです。
しかし、成功している人というのはそれを乗り越えることで成功を収めているのです。
現状維持バイアスを外せず衰退していくか、必要な時に現状維持バイアスを外して成長していくのか、どちらが良いのかは明白ですよね。
また、大部分の人が現状維持バイアスを外せずにいるので、現状維持バイアスを上手く外せば周りと差をつけることができます。
それは仕事でも同じで色々なことに挑戦したり仕事の方法を試行錯誤できるようになれば、周りよりも仕事ができるようになるはずです。
現状維持バイアスを外すことのメリットを頭に入れて外すことの動機付けをしてみましょう。

少しずつ変えていく
現状維持バイアスをなかなか外すことができないという人は、一気に現状を変えようとしている場合もあります。
少しずつ変えていくことでスムーズに変化することが可能です。
例えば、従来の仕事方法を変えようという時でも、従来の仕事方法の大部分を維持しながら少しずつ変えるようにしてみてください。
大部分のことを維持しながら少しずつ変えていくことで、その変えていった部分に集中的に意識を集中させて実行することもできます。

長期的な視点で考える
例えば、仕事で新しい手法を取り入れる際には、最初はそのやり方にとまどい、短期的にはパフォーマンスが落ちてしまうかもしれません。
しかし、長期的な視点で考えた場合はどうでしょうか。
その手法を取り入れようと検討しているからには、長期的には作業効率が上がるというように考えているはずです。
重要なのは短期的な視点で考えるのではなくて長期的な視点で考えることです。
短期的にはマイナスであっても長期的な視点を持ち、中長期的にどうなるのかを考えるようにしていきましょう。

人にアドバイスをもらう
自分では変化することに戸惑っている場合には、誰かに相談してみましょう。
人からアドバイスしてもらうことで自分では思っていなかった変化することの利点を知ることがでたり背中を押してもらえたりするかもしれません。
また、人と話すことで自分の気持ちを整理することもできることでしょう。

具体的な目標を持つ
しっかりとした目標を持つことで様々なことに挑戦しやすくなります。
自分が今後どうなりたいのかを具体的にイメージし、そうなるにはどうすればいいのかを考えましょう。
その戸惑っていることが自分の目標を達成するためにやらないといけないことであれば、その目標を達成しようという気持ちを強く持つことで挑戦しやすくなることでしょう。
また、その目標を達成した時に自分がどう思うかを具体的にイメージしましょう。
その時にどういう嬉しい気持ちやどういう達成感を持つことができるでしょうか。
目を瞑ってそれらをイメージできればより挑戦しやすくなるはずです。

コメント