【仕事がつらい】疲れを取ろう

肉体的にも精神的にも疲れた状態で仕事を続けていると、仕事がつらくなるのは当然です。
仕事が終わればしっかり疲れを取ってから、次の日を迎えたいものです。
疲れを蓄積するのではなく、その日その日で疲れを取ることができれば、仕事のつらさは和らいできます。
仕事の疲れを取るにはどうすればよいのでしょうか。

疲れを取るには

睡眠をしっかり取る

疲れを取るのに最も重要なことは、十分な睡眠時間を確保することです。
一般的に必要な睡眠時間は人によって若干のばらつきはありますが、7-8時間と言われています。
残業が多く難しい場合もあるかもしれませんが、スマホなどを夜触るのをなるべく避けるなどしなるべく睡眠時間を確保しましょう。
睡眠時間がなかなか確保できないという人は昼休憩に昼寝をすることも効果的です。
ただし、30分以上の昼寝は夜の睡眠に影響し寝付きが悪くなるので、余程睡眠時間は足りていないという場合でなければ30分以内にしてください。

小まめに休憩を挟む

仕事中は小まめに休憩を挟み、疲れをなるべく貯めないよう注意してください。
特に頭をずっと使っていると脳が疲れ、そのことにより肉体的的疲弊・精神的疲弊が引き起こされます。
50分仕事をしたら5分休憩などメリハリを付けて仕事することで作業効率の上がります。
どうしても休憩できないという場合は、遠くを見るということも効果的です。
特にパソコン作業や細かな作業をしている場合は、目も疲れてくるので定期的に遠くを眺めて一息つくようにしてください。

食事をしっかり取る

食事はバランスよくしっかり取るようにしましょう。
忙しいからといってインスタントラーメンなどで済ましてしまうと、栄養不足で仕事のパフォーマンスも落ち余計に仕事に時間がかかってしまうことに繋がります。
特に、ビタミン・ミネラルが不足すると疲れが貯まってしまうので、野菜もしっかり摂取し疲労回復に努めましょう。
また、鶏むね肉には疲労回復効果があるのでコンビニエンスストアなどで売っているサラダ用の鳥むね肉を食べることも効果的です。

手を抜く

真面目に仕事をするのも大切ですが、何でもかんでも完璧にやっていれば体力が持ちません。
単純作業などそれほど頭を使わないでよい作業は心持ち手を抜き気楽にこなしていきましょう。
もちろん手を抜きすぎて仕事をおろそかにしてはいけませんが、ある程度メリハリを付けて仕事することも重要です。

人と話す

人と話すと悩みが和らいだりしんどさが軽減されたりします。
風邪の時に学校や会社に行った人もいるかと思いますが、気の合う人と話すと話している時にはしんどさを感じなかったという経験はありませんか?
人と話すと疲れも和らぐので、仕事の合間に人と話してみましょう。
職場に気の合う人がいないという場合は、仕事の後に電話でも良いので友達と話してみましょう。

軽い運動を取り入れる

ウォーキングや軽いランニングなど運動することで精神的な息詰まりを解消することができます。
激しい運動であれば余計に疲れてしまうので、軽い運動を取り入れてみましょう。
仕事帰りに一駅分歩くといった簡単なことでも構いません。
また、ストレッチも効果的です。ストレッチであれば仕事の休憩中に取り入れることも可能だと思います。
ストレッチをすることで血の巡りがよくなり、酸素や栄養の運搬が円滑になります。
また、筋肉の緊張が緩むのでリラックスする効果もあります。
腕首をぐるぐる回したり、足を伸ばしたりと簡単なストレッチで効果があるので是非実践してください。

深呼吸

軽い運動と同様に、疲れているときには深呼吸が効果的です。
特に、精神的に疲れているという状況下では、呼吸が浅い状態が続いており脳に十分空気が供給されておらず、それにより余計に疲れてしまうという状況になっています。
その為、ゆっくりと十分に呼吸するために深呼吸を取り入れましょう。
『5秒かけて吸って15秒かけて息を吐いて、5秒かけて吸って15秒かけて息を吐いて』というのを5セット繰り返しましょう。
深呼吸をすることで体がポカポカ温かくなってきたら大成功です。
深呼吸は1日に何度やっても大丈夫なので積極的に取り入れてみてください。

自然の中に行く

森林浴という言葉があるように、緑の中にいると人は落ち着き癒されることができます。
樹木はフィトンチッドという物質を発散しておりその物質は疲労回復効果があるそうです。
また、森林の音を解析すると1/fゆらぎが表れており、それによるリラックス効果もあるそうです。
仕事で疲れたという時には自然の中に入り疲れを癒してみてください。

音楽を聞く

音楽を聞くことはリラックス効果があるだけでなく精神的疲れも癒してくれる効果があります。
落ち着いた曲やアップテンポな曲など、どのようなジャンルでも良いので、自分が好きな音楽を聞くことが大切です。
生活に音楽を取り入れましょう。

お風呂にゆっくり浸かる

お風呂に入ると体の芯から温めることができなす。
体を温めることで血液が体の隅々まで行き渡り、新陳代謝も活発になり疲労を取ることができます。
また、免疫力が上がり風邪にかかりにくくなるというメリットもあります。
シャワーでは体の芯まで温まらないので、湯船にゆっくり浸かる習慣をつけることが大切です。

コメント