【仕事がつらい】言い訳をしない

あまりにも自分ひとりで責任を背負いすぎるのは問題ですが、仕事において言い訳ばかりしていれば成長の機会を逃してしまい仕事ができる人にいつまで経ってもなりません。
また、ミスをしてしまった時に言い訳ばかりしている人というのは、周囲からの評価が下がり信用されないなどのデメリットがあります。
時には自分を責めないということも重要ですが、言い訳ばかりしていると最終的には自分を追い込んでしまうことにも繋がるのです。
ここでは、他人に言い訳をしない方法と自分に言い訳をしない方法に分けて考えていきましょう。

他人に言い訳をしないには
例えば、仕事でミスをし上司から咎められた時に「〇〇さんが担当している仕事に不備があったから」とか「時間が足りずに急いでやったから」とか言い訳をすることはありませんか。
いくら言い分があったとしてもそのような言い訳ばかりしていると、他人から「この人は全然反省していないな」「また同じミスをしそうだな」「信頼できない人だな」と思われてしまいます。
また、周りからの評判が下がるだけでなく、反省する機会を失ってしまいまた同じ失敗をしてしまうことにも繋がりかねません。
まずは他人に言い訳をしない方法を考えていきましょう。

自分が言い訳を聞いたらどう思うかを考える
自分の評価を下げないようにと言い訳を口にする人も多いかと思いますが、実際に言い訳を聞いた場合に人はどう思うでしょうか。
皆さんが誰かに注意をして言い訳をされたらどうですか。
あまり良い気はしないですよね。
むしろ「ほんとに反省しているのだろうか」と思ってしまうかと思います。
このように言い訳というのは聞いたほうにはマイナスの感情しか与えずプラスの感情を与えることは滅多にありません。
言い訳を口にしそうになったら聞いた人はどう思うのだろうか、自分がもし言い訳を聞いたらどう思うのだろうか、と考えるようにしてください。

まずは誤ると決めておく
仕事でミスを咎められた場合についつい自分を守るために言い訳を探しがちだと思いますが、まずは「すいませんでした」と謝るように決めておきましょう。
何かを注意されたときにまずは謝るというのは社会人にとって基本です。
また相手が怒っていた場合には相手の気持ちを鎮める唯一の方法でもあります。
「注意されたら言い訳をしないでまずは謝る」ということを心がけるようにしていきましょう。

言い訳を探さない
自分を守ろうとする時というのは自己正当化し言い訳を無理やり探している場合があります。
その時はそれが正しいと思っていても、後になって冷静に考えればそれは無理やり作った言い訳だったと気付くことも多々あるでしょう。
後になって言い訳をしたことを後悔することがないよう「今私は無理やり言い訳を探しているな」と自覚することは大切です。

失敗を過大に悪いことだとは思わない
言い訳をする人というのは、失敗に対して過大に敏感になっており失敗すれば自分の評価が大幅に落ちるのではないかと心配しています。
なので、失敗すれば自分を守るために言い訳をしてしまうのですね。
しかし、人である以上失敗はするものです。
過度に心配する必要はありません。
失敗よりも言い訳をすることの方が他人の自分に対する評価が下がることを意識しましょう。

自分に言い訳をしないためには
自分に言い訳をするとは、何かしようと思ったことに諦める際にそれができない理由を探して自分を納得させることです。
例えば毎日ランニングをしようと思っていたが、今日はあまり乗り気ではないとき「今日は雨が降りそうだからやめておこう」と考えた場合、自分に言い訳をしていることになります。
また、「会社が小さいから仕事を頑張っても何かを生むわけではない」「あの上司は自分を評価してくれないから頑張って仕事をする意味はない」と自分に言い訳をして仕事を頑張らないケースもあることでしょう。
自分に言い訳することが癖になってしまうと何事にも頑張って取り組むことが難しくなってしまい成長することはできません。
また、仕事のパフォーマンスも落ち最終的には自分が困ってしまう状況になってしまいます。
そうならないためにも、自分に言い訳をしない方法を考えていきましょう。

言い訳を探さない
他人に言い訳をするケースと同様、自分に言い訳をするケースも無理やり言い訳を探していることに変わりありません。
他人に言い訳をするケースでは「自分を守るために」言い訳をしていますが、自分に言い訳をしているケースは「その物事をやりたくないから」言い訳していることにほかなりません。
例えば、ランニングをやりたくない日には、ランニングをやりたくない理由(体調が良くない・足が痛い・天候が悪い)を無理やり探しその理由を見つけて納得しているということです。
もちろん体調が悪くて本当にできない場合にはランニングをやめることが必要ですが、言い訳を無理やり探しているだけなのかどうかをしっかり考えるようにしましょう。
何か理由をつけてやらないでおこうという考えになったときには「無理やり言い訳を探していないか」を意識するようにしてください。
意識をして気づくことができるだけでも第一歩です。

言い訳は成長を阻害することを理解する
上でも述べた通り、自分に言い訳をするということは何らかのことをやらない為の理由を探していることに他なりません。
自分に言い訳をすることが癖になっている人は何かにつけてやらない理由を探して諦め癖がついているということです。
諦め癖がついてしまえば、何かを成し遂げることはできず成長することができません。
また、何か仕事でミスをしてしまい「今日は急いでいたからしょうがない」とか「小さなミスだからしょうがない」とか言い訳をしていると、そのミスをの原因を分析する機会を逃してしまいます。
言い訳をするということは自分の成長の機会を逃しているのだと自覚することは重要です。

同じ条件でもしっかりと行動している人に注目する

例えば、天候が悪くて今日はランニングをやめておこうと思った時。
そんな日でもランニングをしている人はいるはずです。
この会社は小さいからやりがいがない。頑張っても社会貢献できないから頑張るのはよそうと思った時。
職場内を見回すと頑張って仕事をしている人がいることが分かるはずです。
同じ条件でも頑張っている人がいるのに自分は諦める理由は何でしょうか。
このように、言い訳をしてしまっても周りを見回して同じ条件でしっかりと行動されている人に注目することで「自分がしていることはただの言い訳なんだ」と気づくきっかけになります。
言い訳がでてくれば周りの同じ条件でもしっかりと実践している人に注目するようにしてください。

コメント