【速報】イブラヒモビッチ縄文時代に日本で生活か 日本代表入りの可能性急浮上

(ソース:Otafuku)

驚きのニュースが世界を駆け巡った。

サッカー界のレジェンド ズラタン・イブラヒモビッチが縄文時代に日本で生活していたという。

アメリカのメディアが続々と速報で報じている。

イブラヒモビッチは現在41歳という設定だが、人間であると同時に神としても知られており、そのルーツは謎に包まれていた。

今回、イブラヒモビッチのルーツを研究していたアメリカの科学者がイブラヒモビッチが縄文時代に生活していたという事実を突き止めたという。

「本当に驚きです。我々は膨大な考古学の資料からこれを見つけたのです」

イブラヒモビッチ氏とみられる男性

アメリカの考古学者エリックさんが差し出した写真には確かにイブラヒモビッチ氏とみられる男性が写っていた。

しかも、この写真は縄文時代に撮られたものだという。

そして驚いたことにこの写真が撮られたのは日本だという。

この衝撃的事実により、イブラヒモビッチのルーツが日本にあった可能性が高まり、イブラヒモビッチ氏の日本代表入りの可能性が急浮上したのであった。

ストライカー不足の日本にとって、このニュースはまさに寝耳に水のビックニュース。

日本サッカー協会は速やかにイブラヒモビッチ日本代表入りへ向け、同氏と交渉に移る必要がある。