【速報】森保一監督ノーベル文学賞最終候補にノミネート

スポンサーリンク

(ソース:Otafuku)

日本代表の森保一監督がまたしても偉業を成し遂げた。

ノーベル文学賞最終候補にノミネートされたのだ。

きっかけは先日のワールドカップだった。

メモを取る監督は世界でも珍しく森保監督が日本代表を指揮する姿は世界から注目を集めた。

そして、ドイツ・スペインといった強豪を撃破したことから森保監督は更に注目を集める。

森保監督のノートはデスノートと形容され一躍時の人となった。

今回ノーベル文学賞にノミネートされた森保監督のメモの内容には、監督の信念が綴られている。

今回のノミネートはその内容が評価されたのはもちろん、世界に与えた影響やメモにより不可能を可能にしたその実績も高く評価されたものとみられる。

過去にはボブディランの歌詞がその影響力や曲の素晴らしさが理由でノーベル文学賞を受賞したこともあり、森保監督のメモがノーベル文学賞を受賞する可能性は十分あり得るだろう。

川端康成・大江健三郎に次ぐ日本人3人目のノーベル文学賞受賞へ。

機運は高まっている。