「世界よ、これが欧州狩りだ」 森保監督、ドイツ戦で実力見せつける

スポンサーリンク

(ソース:Otafuku)

これが、欧州狩りか。

ドイツ・ヴォルフスブルクのフォルクスワーゲン・アレーナが騒然としている。

唖然とするドイツ国民の視線の先にいるのはもちろん欧州狩り、森保監督だ。

サッカー日本代表を率いる森保一監督はカタールW杯でドイツ・スペインといった強豪を次々に撃破。

それにより、「欧州狩りのモリ」の異名が付き、欧州各国から恐れられている。

その欧州狩りのモリが、やはりと言うべきだろうか、カタールW杯以来の再戦となったドイツ戦で実力を見せつけた。

ドイツ戦を終えた欧州狩りは颯爽とスタジアムを後にしている。

専門家のキャンベラさんは「結果以上に何もできなかったというのが欧州狩りに挑んだドイツ代表の評価です」と語る。

「欧州狩りはドイツがやろうとしたこと一つ一つに最適な対策を実施し、それらが全てうまく機能しました。ドイ代表はやりたかったことの1割もできなかったのではないでしょうか」

かつては日本の格上とされてきたドイツ。

しかし、監督でここまで変わるのだろうか。

今やドイツは日本の格下と言っていいだろう。

もはや、欧州狩りが日本代表の監督でいる限りは、金輪際ドイツが日本相手に思い通りのプレーをすることはないのだろうか。

この試合を受けて解任が噂されているドイツ代表のフリック監督だが、決してこの結果はフリック監督の責任ではない。

ただ単に欧州狩りがそれ程までに強かったという話だ。

欧州狩りがまたしてもその偉大さを世界に見せつけた。