【速報】侍ジャパンWBC制覇 アメリカ代表森保システムを採択も失敗

スポンサーリンク

(ソース:Otafuku)

日本代表がWBC決勝でアメリカを下し悲願の13年ぶりの優勝を果たした。

日本は2回裏に逆転に成功。

そこから9回まで逃げ切りに成功した。

この試合について専門家はある驚きの指摘をした。

アメリカ代表が森保システムを採択しようとしていたのでは無いかというものだ。

森保システムとはカタールW杯でサッカー日本代表が採択した前半死んだふりをして相手が油断した後半に一気に逆転を狙うというシステムだ。

サッカー日本代表はこの森保システムにより、カタールW杯でドイツ・スペインといった強豪を撃破した。

「アメリカ代表は明らかに日本が得意とする森保システムを採択してきました。前半死んだふりをして試合の終盤一気に逆転しようとしたのです」

しかし誤算があった。

侍ジャパンはなんと8回にダルビッシュ有投手、9回に大谷翔平投手を投入してきたのだ。

これにはアメリカ打線も沈黙。

なすすべなく敗れた。

アメリカ代表もダルビッシュと大谷が抑えで登場するとは思わなかったのだろう。

前半死んだふりというマイナス面もある森保システム採択が裏目に出てしまった形だ。

侍ジャパンは森保システムを採択して準決勝のメキシコ戦で逆転勝利、決勝のアメリカ戦は相手に森保システムを採択させて勝利。

森保監督が考案した森保システムによりWBCを制覇した日本代表。

森保監督が侍ジャパンのWBC制覇に大きく貢献した。