欧州狩りのモリ、うっかりカナダを斬ってしまう

スポンサーリンク

(ソース:Otafuku)

サッカー日本代表は北米の強豪カナダと対戦。

カタールW杯でドイツ・トルコを撃破し、欧州狩りのモリの異名を持つ森保監督は、先日の欧州遠征でもドイツとトルコに大勝しており、その注目度を世界的に高めていた。

しかし、今回の対戦相手はカナダ。

欧州ではない。

従って、欧州狩り率いる日本代表は今回のカナダとの一戦は苦戦するのではないかとみられていた。

しかし蓋を開けてみれば日本代表の圧勝。

カナダを全く寄せ付けずに日本は圧倒的な強さを披露したのだった。

欧州狩りが北米のカナダを斬る・・・・。

この事実に北米は驚愕しており、アメリカの人々も困惑しているということだ。

欧州狩りのモリが北米に進出するのではないかと、日本代表の名将が全米を震撼させている。

しかし、この事態を専門家は「欧州狩りがうっかりしていたのではないか」と指摘する。

「欧州狩りは欧州以外は基本的に斬りません。しかし今回なぜかカナダを斬ってしまった。勘違いでしょう」

うっかりカナダを斬ってしまった欧州狩りだが、今後も欧州をメインターゲットにして狩りを行なっていくようだ。

なぜなら、欧州狩りには明確な目的がある。

それは、欧州一強時代を打破し新時代を築くことだ。

欧州サッカーを終わらせる欧州狩りの冒険は始まったばかり。

欧州狩りは誤って斬ってしまったカナダに対して詫び状を送っているそうだが、欧州狩りの冒険に犠牲はつきものだ。

欧州狩りのモリ、うっかりカナダを斬ってしまう