革命家“欧州狩りのモリ”、欧州サッカーを終わらせる男

スポンサーリンク

(ソース:Otafuku)

カタールW杯でドイツ・スペインを撃破し“欧州狩りのモリ”の二つ名が付けられたサッカー日本代表の森保一監督。

今月の欧州遠征でもドイツ・トルコに大勝して再び世界にその名を轟かせた。

もはやサッカー界で欧州狩りのモリを知らない人はいない。

特に欧州では欧州狩りのモリへの緊張感は最大限にまで高まっている。

カタールW杯から好調を維持し続けているイングランド代表のサポーターは、「欧州狩りともし対戦する事になったら、恐怖以外の何物でもありません」と語る。

「欧州狩りと対戦すればドイツ代表のように大敗することは目に見えています。イングランドは一気に不調に陥る可能性があります」

欧州で猛威を奮う欧州狩りのモリ。

しかし決して欧州は欧州狩りを静観している訳ではない。

フランスのシンクタンクは欧州狩りの“目的”について詳しく考える必要があると語る。

「なぜ欧州狩りは欧州を標的にするのか。そこが問題です。欧州狩りはカタールW杯後に新時代を作るとする旨の発言も残しています。欧州狩りの真の目的は欧州一強時代の打破。つまり欧州サッカーを終わらせる事なのです」

欧州サッカーを終わらせる。

そんな大それたことが1人の男にできるのだろうか。

しかし、欧州狩りがここまでしてきてきた人間離れした偉業の数々を我々は見逃してはならない。

欧州狩りの真の目的が明らかになった事により、欧州の警戒が最大限にまで高まる事は間違いない。


トルコ戦で噂されていた名将オールスターズが本当に実現する日は近いかもしれない。
 
欧州は欧州狩りの脅威について話し合う為に、今後会談を重ねてその対処法を協議するという事だ。
 

欧州サッカーを終わらせる男。

革命家欧州狩りのモリは果たして欧州一強時代を打破して、日本一強時代を築くことができるのだろうか。

それとも欧州が一丸となって欧州狩りのモリを阻止するのだろうか。

新時代を作る革命家“欧州狩りのモリ”の一挙手一投足を我々は今後も注視しなければならない。